珠光会のネットワーク

医療法人社団珠光会は、1948年よりハスミワクチンを中心として、日本のがん免疫療法の発展の一端を担ってきました。台湾、ブラジルなどをはじめとする海外からの受診者も増え、同時に海外での研究活動も盛んになってきました。

1999年、米国PhiladelphiaのThomas Jefferson大学内に蓮見国際研究財団を設立し(現在はWashington DC)、世界の研究者のネットワークを通じて、がんワクチンの啓蒙活動をおこなっています。さらに新規治療に対する研究活動も盛んで、米国をはじめ、中国、マレーシア、台湾、ブルガリア、オーストリアなど世界各国で実施されています。

最先端の免疫療法をもって医療全体の向上を目指す珠光会グループは、今後も世界各国の研究・医療機関と共同研究、治験、学術会議などを活発におこなっていきます。これらの成果が世界中のさまざまな臨床現場で実践・応用され、ひとりでも多くの人たちのQOL(生活の質)を高め、治癒へ導くことこそ、珠光会グループの目的であり願いなのです。

珠光会のネットワーク図 日本 台湾 中国 ブルガリア マレーシア アメリカ
日本
法人本部 ICVS 癌研究所 聖ヶ丘病院 聖の郷 BSL48 K101
中国
中国
台湾
台湾珠光会 台湾大学付属病院
ブルガリア
蓮見国際研究財団ブルガリア
アメリカ
米国法人蓮見国際研究財団 メリーランド大学
マレーシア
マレーシア国民大学付属病院 HITV lab
沿革サムネイル沿革
珠光会のネットワーク
ビデオライブラリー
がんから回復したいと願う人のための
支援・情報・交流サイト