蓮見癌研究所

ワクチンの製造 ハスミワクチンは1946年に蓮見癌研究所において開発され、1948年に臨床応用が開始されました。免疫学自体が確立されていなかった当時において、“がんに対する自己免疫をワクチンで活性化させることでがんを治療する”というコンセプトは、日本の医学界ではまったく受け入れられませんでした。しかし、長年の研究により、がんワクチンは徐々に認められ、半世紀余りを過ぎた今日、多くの医師ががんの治療にワクチンを活用しています。

 1988年以降現体制のもと、がん細胞の膜抗原の開発に力を入れ、1999年には米国に蓮見国際研究財団を設立し、世界の研究者と交流を深めることで、先進のがん免疫療法の研究開発とその臨床応用を展開しています。同年、トーマス・ジェファーソン大学との共同研究により樹状細胞ワクチンを開発し、その翌年にはメリーランド大学との共同研究においてハスミワクチンの生理活性を証明しました。

 中国吉林省の長春中医学院とは埼玉医科大学との共同で抗がん漢方の開発を行い、制がん剤に対する副作用の軽減と同時に、漢方薬自体が持つ抗がん作用の研究を行っています。また、一般療法と組み合わせることで、進行がんの治癒を目的とした治療型ワクチンの開発に成功しました。今まで予防治療が主な働きであったワクチンに数ヶ月でがんを収縮させる働きを加え、一般療法だけでは治癒の見込めない末期の進行がんの治療に光明を与えました。

 また、2013年には、研究施設を調布から阿佐谷へ移転し、さらに充実した研究体制を整備しました。 研究範囲は、"がん"にとどまらず、免疫が関与するさまざまな病態に及んでいます。2013年にはニキビワクチン開発が進み、世界各国で特許を取得しています。

 世界のあらゆる先進技術を駆使し、一人でも多くのがん患者さまが、がんを克服できるよう、「あきらめない治療」の根幹として研究開発を推し進めることが、蓮見癌研究所の使命です。


細胞療法センター

 日進月歩の現代科学において、最先端医療である“免疫療法”は、他の分野以上のハイスピードで推移しています。そうした医療シーンに、バイオテクノロジーの先端技術で対応する組織が、蓮見賢一郎理事長がかつて所属した東京大学医科学研究所の流れを継承する「細胞療法センター」です。現行の治療に用いられる細胞の培養・供給、そして、新しい療法の研究開発――。細胞療法センターは免疫力を医療へ結びつけるさまざまな科学技術を通じ、珠光会グループの牽引役として明るい未来へ向かって歩み続けます。 細胞培養


東京リサーチセンター

 グローバル化が進む珠光会グループにあって、細胞培養施設の現地設置は最先端免疫療法の実践には不可欠な要素。東京リサーチセンターは、各国に広がる施設の運営管理、技術指導を通じ、研究・治療に供給される細胞の品質を守ります。 クリーンルーム

沿革サムネイル沿革
珠光会のネットワーク
ビデオライブラリー
アクセス
  • JR中央線・総武線「阿佐ヶ谷駅」下車 北口 徒歩10分
お問合せ先バナー
蓮見癌研究所/細胞療法センター
〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北1-44-6
TEL 03(3338)0700
FAX 03(3339)7271

東京リサーチセンター
〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北1-44-6
TEL 03(3339)6507
FAX 03(3339)7271
がんから回復したいと願う人のための
支援・情報・交流サイト